契約条件の変更と予定利率の引き下げ

会社更生手続きを申し立てた破綻保険会社に対しては裁判所より保全命令が出され、その後は裁判所が選任した管財人が破綻保険会社の資産を管理、処分することになります。管財人は破綻保険会社の資産等について詳細に調査したうえで更生計画を作成し、裁判所による認可を経て、破綻保険会社の更生に取り組みます。

 
保険契約者の継続はこの更生計画の定めに従って執り行われます。基本的に破綻保険会社の有する保険契約は、新たに契約を引き継ぐことになる救済保険会社もしくは承継保険会社に移転し、それらの保険会社は保険契約者保護機構により責任準備金の補償をうけます。

 

 
ただし保険契約は存続しますが、必ずしも従来通りの契約内容が存続するわけではありません。通常であれば契約期間中に予定利率の引き下げなどの契約条件を変更することはできませんが、保険会社の破綻に伴う更生手続きの一環である場合には、新たに保険契約を引き継いだ保険会社の運営に支障をきたさないために、保険契約の条件を変更してもかまわないと法律により定められているのです。なお具体的な変更内容に関しては保険の種類や契約時期によって異なります。したがって全ての保険契約が一律の割合で変更されるわけではありません。

Comments are closed.