早期解約控除制度とは

青トウガラシ

 

保険会社が破綻した場合は、保険業法に基づく行政手続きもしくは更生特例法に基づく会社更生手続きが適用されます。保険業法に基づく手続きは監督官庁の命令等に基づいて行われるものであり、会社更生手続きは裁判所の監督下で行われる手続きです。

 
保険業法に基づく手続きの場合には保険管理人、会社更生手続きの場合は更生管財人が選任され、それぞれが破綻した保険会社の業務、財産の管理、処分等に関する計画を立てます。それらの計画が監督官庁や裁判所により承認、認可されれば、その計画に基づいて破綻した保険会社の保険契約の継続が図られるのです。

 
この計画に基づいて保険契約が承継保険会社に移転すると、その保険契約を解約することも可能になるのですが、場合によっては早期解約控除制度が設けられることもあります。この制度は保険契約を引き継いだ保険会社からの顧客の流出に一定の歯止めをかけるためのもので、定められた一定の期間内に保険契約を解約する場合、通常おこなわれる解約控除に加えてさらに特別な解約控除をおこないます。つまり保険を解約した時に支払われる解約返戻金を少なくする制度なのです。これにより承継保険会社は一定数の保険契約を維持することができ、安定した運営をおこなうことができるようになります。

Comments are closed.