業務・財産の管理に関する計画

保険会社の経営が困難になった場合、保険業法に基づく行政手続きが行われます。これは監督官庁である金融庁の命令によっておこなわれる手続きで、金融庁長官は破綻した保険会社に対して業務停止命令などをだし、早期の経営改善を図ることになります。

 
また業務停止命令がだされると同時に金融庁は保険管理人を選任し、以後はこの管理人のもとで破綻した保険会社の業務や財産の管理が行われます。選任された保険管理人は業務や財産について精査したうえで、保険契約の移転、承継を柱とした業務、財産の管理に関する計画を立て、金融庁の承認を求めます。承認されるとその後はこの管理計画に基づいて、保険契約の移転や承継がおこなわれることになるのです。

紫たまねぎ
なお保険契約が移転、承継する場合、保険契約を引き継いだ保険会社に対しては保険契約者保護機構により責任準備金の一定割合までが補償されます。ただしこれは保険会社が支払いに備えて積み立てている責任準備金についてですので、契約者の保険金や給付金がすべて補償されるわけではありません。管理計画によっては予定利率の引き下げなど保険契約の条件変更がおこなわれることがあるのです。したがって保険契約が存続するとしても、従来の契約内容が維持されるわけではありませんので注意が必要です。

Comments are closed.