責任準備金と保険契約の移転

日本には数多くの生命保険企業が存在しており、日本企業も外資系企業も各種保険商品を販売していますが、もしそういった生命保険会社が倒産や破綻をした場合、今まで支払ってきた保険金や保険契約はどのようになるのでしょうか。

 
まず日本には保険契約者保護機構と呼ばれる団体がありますので、もし保険企業が破綻したりした場合に備えて、契約者の保護を目的に救済や資金援助を行ったり、破綻した保険企業の各種保険契約の引き受け等を行ってくれます。そのため、破綻したからといって過去に積み重ねてきた支払いがすべて無駄になる事はありません。しかし、補償される内容に関しての知識は持っておきましょう。まず、生命保険に関する補償は責任準備金と呼ばれる将来の保険金支払いに備えて積立てられた金額の90%が原則補償されます。そして損害保険に関しては、自賠責保険や家計自身保険は100%補償され、自動車保険や火災保険等は80%から100%の補償となっています。

 
各種保険の種類によって補償される金額や条件が異なりますので、自分が加入している保険に関して一度調べてみる事をお勧めします。生命保険企業の破綻は頻繁に起こる事ではありませんが、もしもの場合に備えておく事も非常に重要です。

Comments are closed.