行政手続き開始後に破綻保険会社ができること

保険会社が経営に行き詰まると、金融庁はその申し立てに基づき金融庁長官による業務停止命令をだし、破綻処理をおこなうための行政手続きが開始されます。この手続きが開始されると破綻した保険会社はその業務の全部もしくは一部がおこなえなくなり、その後は選任された保険管理人が会社にかわってその業務をおこなうようになります。

 
保険管理人は業務や財産の管理、調査をおこなったうえで管理計画を策定し、この管理計画が金融庁長官によって承認されれば、計画に沿う形で保険契約の移転、承継が図られます。しかしこれらの手続きが行われている間、保険契約者は基本的に保険の解約や契約内容の変更などの手続きをおこなうことができません。また新たな保険契約を締結することもできません。

 
ただし業務停止命令中に会社がおこなえる業務も存在します。これまでのケースでは破綻処理が開始する以前に締結された保険契約に関する保険金や給付金の支払いに関しては、継続しておこなわれています。ただし事案によって対処方法が異なることが予想されますので、実際に破綻処理が行われた際は金融庁などの詳細な発表を確認する必要があります。いずれにせよ保険契約そのものは破綻処理の方法に関わらず、保険契約者保護機構により一定の限度において保護されます。}PgžxQ

Comments are closed.