破綻から保険契約の継続が図られるまでの流れ

フルーツ01

 

保険会社の経営が破綻した場合、次の2つの方法により保険契約の継続が図られることになります。まず保険業法による行政手続き、そして裁判所の管轄のもとで行う会社更生手続きです。

 
行政手続きは金融庁長官の命令に基づいておこなわれる手続きです。選任された保険管理人が保険会社の業務や財産を管理、調査したうえで管理計画を策定し、その計画に基づいて保険契約の存続が図られます。

 
一方会社更生手続きは会社更生法に基づく手続きで、金融システム改革の一環として導入されました。この法律が制定されて以降はこの手続きによる再建手続きが主流となっています。この手続きでは保険会社や金融庁長官の申立てに基づき裁判所が管財人を選定し、この管財人により更生計画が策定されます。更生計画が裁判所により認可されれば、この計画に基づき保険契約の移転が図られるのです。

 
どちらの手続きを採用する場合でも、新たに保険契約を引き継いだ会社は、保険契約者保護機構により責任準備金の不足分を一定割合補償するための資金援助などを受けることができます。ただし保険契約が存続することになっても、更生計画や管理計画によっては予定利率の変更など従前の保険契約の条件が変更される場合もあります。

Comments are closed.