保険契約者を保護する制度

万が一の病気や怪我に対する備えとして民間の保険に加入している人は多いのではないでしょうか。たしかに公的なものに加入しているだけでは大きな病気や怪我の場合に十分な保障を受けることができず、医療費の支払いという負担が重くのしかかってくる場合もあるため、民間のものへ加入しておくのはとても大事なことです。
しかし、民間のものに加入をしている場合、どうしても気に掛かる点があります。それは民間のものを販売している会社が経営破綻をしてしまった場合、契約している保障内容はどうなってしまうのかということです。せっかく保障を受けるために料金を支払い続けていたのに、会社が経営破綻したことで何の保障も受けられなくなったとしたら大変です。
万が一、販売をしている会社が経営破綻をするような事態になってしまった場合、契約者はとても大きな損失を被ることになります。そこで契約者を保護するための制度が設けられています。この制度の下には保護機構という組織があり、販売会社はこの組織に加入することになっています。万が一、販売会社が経営破綻をし、保険事故による支払いを行えなくなってしまった場合、その会社に代わって保護機構が保険事故による支払いを行なうことになっています。ピーマン02